「明日のステージへ」を考えるページ


旬者CDを考えた時に、「ネタだけではつまらない。変わったことをしよう」と考案したのが
この歌です。作詞・作曲とも私が担当しましたが、コンセプトは「芸人が歌うWe are the world」を意識しました。

全国展開して、日本の芸人さんに歌ってもらえたらなって思ってます。
違うバージョンとして吉本の芸人さんに歌ってもらうって言うのが夢です。

さて、皆さん期待されてる芸人さんの歌声ですが、「明日のステージへ」の録音が順調に
進むにつれて、詳細がはっきりしてきました。まず今回参加の芸人+スタッフ+「ソウルメイト」さん
がさびの部分を歌います。その他、Aメロ・Bメロがソロパートになり各パート二人づつ4人が歌います。
さらにサビにもソロで歌ってもらってます。ですので計6人ぐらいでしょうか。


Aメロ1 : ワッキー貝山
Aメロ2 : サトウミカ
Bメロ1 : 
Bメロ2 : ノ介
サビ1 : イチロー

さあ、ここで問題です。Bメロ1は誰が歌うのでしょう?旬者ファンなら聞いてわかるはず?です。
正解は、発売後このページで発表します。
あ、忘れてました。この曲の泣かせるギターは、
岩泉の神、
ムラムラ村木です。よいしょっ。

さてさて、芸人ソングのこの曲ですが、ボーカリストバージョンを作ってみようかと考えております。
もう、在仙の歌い手さんにはお願いしております。準備が整えば掲載します。

以下が詩です。

「明日のステージへ」
                                  作詞・作曲・編曲:JUNJUN@ ギターアレンジ:ムラムラ村木

T)明かりの消えた客席 響く自分の声
  悔しくて帰れない 今日のステージ
U)誰よりも最高の シナリオを書いても 
  ちょっと自信がない Is it really good?

V)今日もステージへ  飛び出して  
  張り裂けそうな  この胸の鼓動
W)拍手が迎えてくれる あなたの笑顔が光って 
  それだけで報われる AH−

全)明日のステージへ  あなたと 会えるから 喜び・悲しみ 
  分け合って 自分を超えよう
  明日のステージへ  あなたと 会えるから 喜び・悲しみ 
  分け合って またこの場所で

戻る